ジャズピアニスト Nori OchiaiのBlog

音楽、その他を通して日々感じる事や活動状況。

色々考えさせてくれた那須川vsMayweather

FE2D2025-70D0-4D12-ADCA-9890742856B0
今回は特に色々考えさせられた大晦日の格闘技イベントRIZIN。


いつもの試合開始前の全選手(今回は銀座で買い物してたらしいMayweatherを除く)入場シーンの緊張感、ワクワク感結構好き。 

初めての大舞台での試合の選手、毎年のように出場する選手、これからのし上がって行く選手、人生の中でその試合がキャリアのクライマックスになる選手、もしかしたらこれが最後の試合になってしまうかもしれない選手。

今後の人生でこれだけの大観衆の視線を浴びる事も2度となく、試合後には、オハイオあたりで、周りの人間誰1人、彼が何やってたかも知らないようなところで、隣の気さくなおじさん、として平和に穏便に引退後の人生を送る選手もいるのかもしれない。

そんな様々な本来交わる事も無いようないくつもの人生が、世界と比べたら針の穴のように狭いアリーナで一瞬だけ交錯して、火花が散り、化学反応するって凄いな、といつも感じさせられる。



話題の那須川天心とFloyd Mayweatherの試合。
ご存知の方はご存知だとは思いますが、格闘技の中でも最も競技として確立されているボクシングの世界で、20年間負けた事、ダウンした事もなく、5階級制覇のチャンピオンで、今は引退している41歳のMayweatherに日本でキックボクシングの天才と言われているまだ20歳くらいの那須川天心がボクシングのルールで挑む試合。那須川はボクシングの試合した事もない。

メディアは、ボクシング関係者のコメントも使いながら、1パーセントの奇跡の可能性を煽る。そしてMayweatherサイドは、舐めた態度などを強調アピールして聴衆の反感、不快感を煽り、「天心、一発当ててやってくれ!」という気持ちを煽る。

一方、この試合に全く関わってないボクシング関係者、専門家は誰も興味を示していなく、茶番、もしくはそれ以下としか見てないような感じが明らかのように見えました。


音楽やジャズもそうだけれど、やってみないと分からないという事もあるだろうし、ちょっと知ってれば、経験してれば当たり前に分かる事も多いと思う。

正直なところ、自分も音楽の経験からジャンルが違うとどうなるか、というのは多少知ってるつもりだし、ボクシング関係者の見方が答えだというのは、頭で理解しつつも、「やっぱり勝負に絶対は無い」という気持ちを1パーセントくらい持って楽しみにしてしまった部分はあると思う。まぁ素人だし、ボクシングも全く分からないから、仕方ないし、それでいいのかもしれないけど。

そしてエキシビジョンとも謳われていて、Mayweatherもそういった(真剣勝負ではない)発言していたので、3分3ラウンドの9分間、Mayweatherがディフエンスの技術を那須川を舐めながら見せつけて終わり、”勝負“というものとは程遠いものになるのかな、と自分も想像していたし、それでも怒らない気持ちの準備もしていた、、、

しかし、蓋を開けてみると、Mayweatherの軽く打ってそうなパンチで那須川が身体ごと吹っ飛び、普通の格闘技の試合では見たことない様な光景を2分程見せられ終わってしまった。
那須川天心が無事で良かったけど、ちょっとぞっとするような光景でした。

ボクシング経験の無い、違う格闘技選手の那須川が、競技としてしっかり確立されていて競技人口も多いボクシングの世界で、20年間無敗で頂点を極め、その世界のトップクラスの選手が誰も倒せないMayweatherとボクシングで戦わせる、とどうなるか、というのを直球で見せられてしまった気がしました。

専門家からしたら、那須川の選手生命に関わるかもしれない、実力差、体格差の激しい危険過ぎるマッチメイクで、それを宣伝やビジネスのために組んでいいのだろうか、という問いが試合後の自分の頭の中を支配した。選手は奴隷ではないし、試合は見世物ではない。競技を侮辱してもいけない。


真剣にボクシングに携わってきて不快感持たれた方も多いと思う。


主催者、関係者に責任もあるだろうし、少しでもこの試合を楽しみにしてチケット買って会場に行ってしまった自分にも責任あるだろう、と思わされました。

ボクシングの怖さ、格闘技の怖さ、物事を追求していく事のきびしさ、階段は一段ずつ登っていくもので、充分な準備の無いところでの奇跡はまず起きない、などなど、色々感じさせられた、教えられた試合だった。



日本のマスコミ、メディアは洗脳が凄く上手いと思う。ワイドショーもいまだにあるし、芸能人のゴシップに飛びつく人も少なくない。そういうミーハーな日本人の国民性も、それにおどられやすいのだと思う。0.00000001パーセントを3パーセントくらいには見せられる。テニスの選手が卓球の選手に卓球で、もしかしたら奇跡的に勝つことができる、くらいに見せる、思わせることができてしまう。ある意味では凄い。

ジャズでも、そうやって長年フェイクのスター、フェイクの世界的アーティストを作って、本当に日本国内だけでは信じさせてしまう事ができたのは凄いけど、やっぱりそれが文化向上の邪魔を大きくしてきたのではないか、と自分は思う。

結局のところ、やっぱり自分のようなど素人のファンの質、というのが、その文化の向上に一番大事なのかな、と思わされました。良いものを求められて、そういうものが売れれば、それを目指して、良い選手が沢山育ち現れ、結果的にお金にもなる。


そういう意味で、今回とても反省させられたし、ファン一人一人が少しでも日本の格闘技がより良くなっていく事を願わないといけないと思わされました。


人生をかけて戦って魅せてくれた、全選手に、ありがとうございました!





 

1月 Schedule

1/8
赤坂Tonalite 7:30pm
Kotomi3on3Live
谷殿明良(tp)佐藤洋祐(as.ss)河野広明(tb)ノリオチアイ(pf)鉄井孝司(ba)佐藤ことみ(dr)
http://www.akasakatonalite.com/ 

1/9 
浅草マルス 8pm
川島智子 vocal
http://jazz-bar-mars.com/

1/10
俺のフレンチ・イタリアン青山
http://www.oreno.co.jp/restaurant/  

1/11
俺のフレンチ銀座コリドー街/俺の割烹銀座本店
http://www.oreno.co.jp/restaurant/

1/12
立川Jessy James 7:00pm
鎌倉 淳 Quartet
鎌倉 淳 alto sax   Nori Ochiai piano  高木遊馬bass  斉藤純 drums
http://jessejames-tachikawa.music.coocan.jp/index.html  

1/13
俺のイタリアン東京
http://www.oreno.co.jp/restaurant/ 

1/17
俺のイタリアンJazz
http://www.oreno.co.jp/restaurant/ 

1/18  
深夜 1/19(早朝)
関内 A.B.SMILE  24:00 
Jam session    
安東昇bass  Nori Ochiai Piano  安井鉄太郎 drums
http://absmile.jimdo.com 

1/20 昼
大宮アコースティックハウス 3:00pm
jam session 
http://www2s.biglobe.ne.jp/~acoustic/

1/21
俺のイタリアン東京
http://www.oreno.co.jp/restaurant/ 

1/24
俺のイタリアンJazz
http://www.oreno.co.jp/restaurant/ 

1/25
俺のイタリアンJazz
http://www.oreno.co.jp/restaurant/ 

1/26 
Cozy Shiozaki(guitar) group
大堀博士 Sax  NorI Ochiai Piano  佐久間高広 Bass  金澤沙織 Drums
http://jazz-koko.mods.jp/index.html

1/27
俺のイタリアンJazz
http://www.oreno.co.jp/restaurant/ 

1/29
高田馬場HOT HOUSE  about 8:00pm open,  about 8:30pm start 
H. H. スーパー Trio
のり・おちあい piano  安井鉄太郎 drums  キャシーキャサ夫 vocal  
 
東京都新宿区高田馬場3-23-5リベラル高田馬場B1 
早稲田通り沿い、シチズンセンター向かい。  

2019

041FBF83-99AB-41C2-94AF-0BE7869C0073
Thank you all for your support, working, being with me last year.
Wish you all a healthy, safe, and wonderful New Year 2019!

新年明けましておめでとうございます。
おかげさまで昨年は素晴らしい年でしたが、2019はより充実した内容の濃い一年になるようにまた、一歩進んで行こうと思います。

皆さまにとって素晴らしい年になるように願ってます!

 

個性

本当に正直に自分の人生を生きていいれば、個性というのは勝手に出てくるのだと思う。
でも、それはそんなに簡単な事ではないな。

QUEEN

イントロの一瞬だけでもドキッとさせられるような曲もある。
頭で聞いてしまえば、どこにでも存在するような特別珍しくもなんでもないコード進行なのに、心にはどこにも無い、まるで今まで聴いた事ないようなハーモニーのように響く事に改めて驚く。

何故だろう?
やっぱりコピー、真似ではなくオリジナルだからなのかな。

どこにでもあるような、誰もが見慣れたような当たり前の物、素材だけを使っても、まるでどこにも存在しないように聴かせられる、魅せる事ができるのが本物のアーティスト、表現者なのかな。

 

キャサ夫's Blues

昨日のシンガー、キャサ夫さんの馬車道系オリジナル曲の語りで「もしも許される事なら〜」の節に、オーナー、アキさんすかさず「許すわけないだろ」だったので、

次コーラスで自分は思わず「許してあげてよ!」
にした。

ちょっとアメリカでのブルースのやり取りを思い出しましたよ 笑

騙し?

共演者の方に、「次は何かCでバラードでも(タイトルは浮かばず?言わずに)」と言ったら、「えー、本当かな?」と疑われてしまった。
そんなにいつも騙してるのだろうか、、、

Nancy Wilson 3


出会った頃、彼は殆どインストばかり聴いていて、いつもコルトレーンとかモンクの音楽の話ばかりだった。自分の方がヴォーカリストのアルバムの話とかしていたくらいだと思うけど、その中でNancy Wilsonのあのアルバムが2人ともとても好き、という事で盛り上がった。

この曲もセッションした事あったけど、後にレコーディングしていて、なんかNancyへの想いもあって嬉しくなった記憶があったけど、今回また聴いてみた。

今改めて聴くと、温かくて個性も強い素晴らしい声だな。思わず、もろ素人的な“歌上手いなぁ”というフレーズも出てきてしまう。自分が出会った当時は勿論世界中どころかアメリカ国内でもまだ知られてなかった、けど歌自体はすでにある意味今と遜色無いくらいカッコよかった。そんなローカルでも無名なシンガーも沢山いた事(今もいる)を今考えるとやっぱりNYって凄いところ、別世界だし、そんなシンガー達と演奏できるような有難い環境にもついつい当たり前になってしまっていて感謝が足りなかったな、と改めて思わされる。

このJoseによるNancyへのトリビュートのような録音は、色々想わせてくれるし繋がる、自分にとっての特別な存在。


 

Nancy Wilson 2

ニューヨークに住んでいた時、NancyのコンサートがあってもSold Outになってしまう事も多く、中々チャンスが無かったけど、多分もう10年近くたってしまっただろうか、 一度だけリンカーンセンターAllen Roomで観ることができた。

その時すでに身体の状態も万全ではなかったみたいで、ずっと座りながら、歌詞も一応置いてました。声がベストの状態には程遠かった事も疑いようもなかったけれど、それにもかかわらず、というかそんな事全く関係無いくらいに力強くストーリが突き刺さってくる事に驚き、感動させられました。

まるで畳の部屋の布団の中から上半身だけ起き上がって、孫達に囲まれながら、色々なストーリーを語る、というか囁いているかのようで、声はかすれていてもメッセージの力は強い。身体は弱っていても凄く強いStory Tellerだった。

音楽は技術が全てでもないし、それで優劣をつけるわけでもない。時には声が充分に出ていなくても伝わってくる。でも、やっぱりそれは一度極めた人達だからこそなし得る事なのかな、と強く感じさせられた。
 

R.I.P. Nancy


JAZZってSEXなんだ、と最初に教えてくれてのが、この録音だった。

New York行ってすぐの頃、それを感じさせられやすいような状況の中にいたのかもしれない。

your eyes don’t shine like they used to shine〜

あまり気軽にはR.I.P.とか言えないけど、Nancy WilsonはOne of my favorite singers of all timeで、自分にとって特別な存在でした。色々なシンガーと共演して、音楽的な好み、センスなど合うような気がした時に聞いてみると、大抵彼女、彼らもNancyの歌がとても好きな事が分かり、やっぱり、と思わされる事も多かった。

このバラード曲はいつ、何度聴いても、スリルを感じ、ドキドキせずにはいられない。ピアノのJoe Zawinulのコンピングが凄まじく大人な色気、品、繊細さ、大胆さ、優しさ、我慢強さ、、、、で、最初のアルペジオを聴いただけで、もっていかれてしまう、やられてしまう。

JoeのピアノとNancyの声が正に、音で愛し合って、もの凄く高い次元で感じ合っている。お互いを深く深く知り尽くし、と同時に、「え、まだこんな知らなかった魅力が相手にあったんだ」と、想像をはるかに超えて気持ちよくさせられる事にドキっとさせられ、それが声に現れ、またその声に刺激を受け、インスパイアされて、さらにスリルある音、フレーズが出てきて、それがまた〜、とエンドレスな刺激のスパイラル。まるで何十年も寄り添う夫婦が、決して惰性にならずに、いつも新鮮にお互いにドキドキさせ続けるような、そんな最高なSEXなのかもしれない、と思わされた。物凄い音はやっぱりそれくらいミラクルなのかもしれない。

Miles Davisも自伝にも、”Never felt better than that with clothes on” の様な表現があったし、

「音楽のパートナーを探すのは結婚相手探すより難しいかもしれないわね」と共演したシンガーが言ってた事もあるけど、まさにそういう次元なのかもしれない、と思わされてしまうような、、、、、
自分にとってはそんな音。


このスリルはこれから何千回聴いても全く褪せることは無いと思う。

ずっと忘れられない最高の歌をありがとう!
R.I.P. Nancy Wilson
 
プロフィール

noriochiai

ギャラリー
  • 色々考えさせてくれた那須川vsMayweather
  • 2019
  • Nancy Wilson 3
  • R.I.P. Nancy
  • 先日のイオンモールで
  • 12月 Schedule
  • 12月 Schedule
  • Such a crazy night it was!
  • Good of Pals
記事検索
  • ライブドアブログ