ジャズピアニスト Nori OchiaiのBlog

音楽、その他を通して日々感じる事や活動状況。

ネット上で匿名で批判、アドバイスしてくる勢力の傾向


先日、”N国党について“ではなく、”N国党対する表面的な批判“についてYouTubeで話させていただきました。 まぁ想定はしていたけど、ネット上でありがちな批判、忠告などいただきました。

多くのそういった方々に共通しているのは、
とにかく、決めつけと押し付けが多い事。

まずN国党が犯罪集団、カルト集団、と決めつけている。
そして自分がそのカルト集団の信者なんだと決めつけている。
支持者というわけではないですよ、といくら言っても聞かない。
もう彼らの中で決まってしまっている、、、
『はい、そうです』と言うしか納得してくれそうもない。
そして自分が犯罪を肯定している、という事まで決めつけている。


そもそも犯罪者、というなら立花孝志さんに、すでに有罪判決が出てないといけない。現時点でそうでもないのに、それを主張したいなら、日本が法治国家としていかにおかしいか、を説明するとかならまだ分かるけど、それをするわけでもない。ただただ勝手に犯罪者と決める。

そこまでメチャクチャに決めつけておきながら、
「私は真実を知っている。だから無知で勘違いしているあなたに教えてあげます」のような姿勢で忠告、アドバイスしてくる。家族や親しい友人に対してならまだしも、会ったこともない人、たいしてよく知りもしない人の事を一方的に決めつけ、自分が信じる真実を押し付けてくる。

比べてみると、やっぱりアメリカより日本にこういう人が多い。
日本では意見が違うといけないみたいな風潮があるから、本心を言わないで、人に合わせたりする事も少なくない。一方では、こういう極端なケースでは無茶苦茶に押し付けてくる。いずれにしても人が違う意見持つ事が悪いとか、認めたくない、という意味では一致しているのだろう。
だから、トラブルを避けたいなら、本音でぶつかるより「おっしゃる通りです」となってしまう事も多いのかもしれない。

アメリカでは、基本的に自分の意見をはっきり主張し、適当に人に合わせたりはしない。
でも、とことん言い合って、最終的に違う意見でも、その“違う意見を持つこと”は認める、リスペクトする。Let’s agree to disagreeといった感じ。だから本音でぶつかり合う事ができる。

この違いはジャズのアンサンブル、リズムの傾向にもはっきりと出ている。

ジャズシンガーブログに対する批判も全く同じ思考の持ち主達だと思わされた。
まず、「お前は実力も知名度もないくせに!」と決めつけ、
まぁ、そこは確かに認めるけど、、、多めに見ていただけると、、、、、

そして、自分がその手のシンガーに嫉妬している、と決めつけた上で、「そんな意見をするくらいなら、こういう努力、議論をしなさい」とよく知りもしない人間に押し付けてくる。「いや自分のポイントはそこではないし、そういう議論は興味無いので、是非ご自分でしてください」といくら言っても、「いやこういう議論をしなさい」とただただ繰り返されてしまう、、、、
人にさせるより、自分でしたらいいのに。
ミュージシャンでもないと思われる人が、平気でミュージシャンに音楽に関するアドバイスもしてくる。


もし、れいわ新撰組について何か言えば、山本太郎さんは、このように危険です、共産党について何か言えば、共産党はこのように危険です、とその都度誰からか言われるのだと思う。
直接知りもしない人間に一々そんな事してくるより、名前と顔だして、SNSで訴える方がよっぽど効果的ではないだろうか? でもそういう人達は陰で言うだけでやらないのだろう。

いったい何がそうさせるのか分からない、、、、、

でも、まぁそこまでの自信と図々しさを正しく使えば、相当素晴らしい仕事ができそうだとは思わされます。



 

9/14 鎌倉淳Quartet at 銀座No Bird

9:14 鎌倉淳Quartet
いよいよ今週の土曜日になりました。

アルトサックス鎌倉淳のカルテットですが、回を重ねるごとに、さらにさらに自由でエキサイティングなジャズになってきています。

楽器、音環境、料理、
居心地などすべてが最高の環境、そしてリーズナブルに楽しんでいただける銀座NoBirdで是非、鎌倉淳Quartetを味わってみてください!
よろしくお願いします! 

9/14
銀座No Bird 7:00pm
鎌倉 淳 Quartet
鎌倉 淳 alto sax   Nori Ochiai piano  高木遊馬bass   Jun Saito drums 
http://no-bird.com



日本のジャズシンガー的Tube


Paul Tortelier 公開レッスンを観て感じた


最近彼の言葉をYouTubeで話したので、これもちょっと観みてた。大昔クラシック勉強してた時に見たことあるものが出てきたけど、今はずっと意味が良く分かる。当時分からないで耳にしてた自分も良く思い出せる。

クラシックの公開レッスンと言われる物だけど、内容はまるでメンタルトレーニングみたいだ。トルトリエの言ってる事のほどんど全てが、まるで「崖から思い切りジャンプしてみろ」と言ってるように聞こえてしまう。技術だけなら、そこにいる生徒達も殆ど変わらないものを持っていたりするのだと思う。

だけれども、技術はあってもホントに崖から飛び降りることができるのは限られた人で、それが真のアーティストなのかもしれない。常識人からみたら、ホントにいかれてるし、ヤバイ奴ら、(リスペクト込め)ホントのバカ。芸術家って、やっぱりそんな人達なのかもしれない、、、 

Paul Tortelier(ポール・トルトリエ)の言葉


技術が身に付けばつくほど、自分自身が映し出されてしまう。
その時に、自分が最低限のものを備えた恥ずかしくない人間でないとまずいかもしれない。

Ron Carter-The Shadow of Your Smile


ミュージシャンの友人に教えてもらい最近出会った音。

正直に言ってしまうと、自分はRon Carterの大ファンとは言えないかもしれないし、いつの演奏でも何でもとにかく神様みたいで好き、という訳ではないけど、時あるごとに、強烈に惹かれる。

自分の先生、ベースのDavid Williamsの先生。
Davidのかっこいいところに似てる、いやDavidが影響を受けてるのか、分からないけど。


このクリップ。ベースが、ベースがまずかっこいい。再生して、一瞬で、捕まれる。


Ahmad Jamalで知られるPoiciana Groveだ。



ベースの音が、リズムがかっこいい、生きてる。
ベースというパート自体が野生動物みたいに生き生きと自由に身体をクネクネさせながら、動き回ってる、そんな感じ。

そして、その動きの背後には、人としてとても2枚目な、クールな、知性、品格、教養、経験など全て兼ね備えた、カッコ良すぎる生き方をしてきたジェントルマンのキャラクラーを感じさせる様な、そんなイメージを強く持たされる。


ベースラインだけでも何かストーリー、ドラマを感じさせる。ベースが歌みたいだな。

ピアノのStephen Scott、この録音はかなり前みたいだから、若手だった頃なのかな。シンプルでとても繊細なタッチ、ロマンティック。自分のNY生活の最後の方に、ミュージシャン仲間から、彼が弁護士になるために、law schoolに通う、という話を聞いたけど、残念のような、でもこれから彼自身にとってもっと素晴らしいキャリア、人生があるなら、と本当に陰の陰ながら応援はさせていただいてます。

DrumsはLewis Nash、当たり前だけど、当たり前にそこに必要な音色、音 そして共演者、リスナーにとって、痒いところを全部面倒見てくれる、笑 そんな音。凄いミュージシャンって人間性なんだ、とそんな当たり前の事を改めていつも教えてくれるようなプレー。

みんな大人で、セクシー。

って自分が言ってしまう事自体偉そうだけど、でもそう感じさせられる。


そして、このThe Shadow of Your Smile という曲、
これはジャズを始めた頃に聴いた、衝撃受けたOscar Petersonのversion.
何故か自分から演奏する事は無いスタンダード曲だけど、でも好きな曲、強力なイメージを持たされてる曲。強力なイメージがあるから、気軽に弾こうという気にあまりならないのかもしれない、、、

何十年も前の演奏、しかもOscarはもうこの世にいないのに、、、
 
ジャズってやっぱり生き物みたいだな。




9月 Schedule

9/1
大宮アコースティックハウス 3:00pm-6:30pm
jam session 
http://www2s.biglobe.ne.jp/~acoustic/

9/2
吉祥寺Sometime 7:30pm
天野昇子 vocal  香川裕史 bass  小泉高之 drums
https://www.sometime.co.jp/sometime/index.html

9/4
関内 A.B.SMILE 7:30pm
安井鉄太郎 Quartet
竹内直 tenor sax  Nori Ochiai piano  落合康介bass  安井鉄太郎 drums  
http://absmile.jimdo.com  
9:4 Yasui Quartet

9/6 
品川 Tribeca 
チッコソウマトリオ+1
チッコソウマ(ds)Nori Ochiai(p)和田弘志(b)
ゲスト:林 左知恵(vo)
1st   19:00〜19:30
2nd  20:30〜21:00
3rd   21:30〜22:00
http://www.tribeca.cc 

9/14
銀座No Bird 7:00pm
鎌倉 淳 Quartet
鎌倉 淳 alto sax   Nori Ochiai piano  高木遊馬bass  斉藤純 drums 
http://no-bird.com
9:14 鎌倉淳Quartet

9/21
吉祥寺 M.J.SMILE 6:00pm 
Jam Session 
https://www.mjsmile.com/

9/22
熊谷CORDOVA 6:00pm
鎌倉 淳 Quartet
鎌倉 淳 alto sax   Nori Ochiai piano  高木遊馬bass  斉藤純 drums
http://blog.livedoor.jp/cordoba_sugomori/sugomori_live_201809_omote_o.pdf?fbclid=IwAR202Kk60Cst9VKIyi7Cr-nP955CdcJZQz-ke3LLobUpZTUXUBATbfVreiE 

RIZIN18. 堀口恭司vs朝倉海 感想


自分の力を出し切るために必要なものは?
対戦相手に書つ前に、まず自分に勝つ!!! 

Jun Saito Special Unit featuring David Berkmanを吉祥寺Sometimeで観た。

 一言だけなら、凄い! もう少し言わせていただくと、とても自然で気持ちいいジャズだった。なんかニューヨークでジャズ聴いてる、そんな自然な感じ、やっぱりそんな感じだなぁ。勿論個々のメンバー素晴らしいかったけど、それ以上にバンドとして気持ちよかった。


よく演奏させてもらってる、brother, Junさんのドラムはいつも自分が一緒に演奏している時も素晴らしいけど、それ以上に、さらに素晴らしく聴こえた。レスポンスがとても音楽的、楽しんでる、味わってる、会話だなぁ。なるほど自分がJunさんのプレーを邪魔、というかあんな風に生かしきれてないんだな、と認識させてくれました。ちょっと申し訳なく、そしていつもありがとうございます、といった気持ちにさせられた。いつも調子にのってる自分を戒め、また少しだけ謙虚にもさせてもらえそうで、新たな目標も持たせていただけた気がしました。


David Berkmanはもう7, 8年ぶりくらい、NYで観た以来だったけど、タッチやフィーリング、テイスト、language, 全部か(笑),  やっぱり特別な感じがした。誤解を恐れず、いや少し恐れながら言うと、NYではとても自然、日本ではやっぱり特別な物として響く、聴こえる。もしかしたら人によってはそれを異質、違和感と感じてしまう場合もあるのかもしれないけど、間近でそういったプレーに触れられる、というのとてもありがたく、贅沢です。よく海外のバンドがやる大きなクラブなどでは中々そこまで感じるのは難しいかもしれない、とも思います。是非、より多くの方に味わってもらいたいな、と思いました。


終了後はDavidとアメリカや日本の事、音楽の話など、とても貴重なお話もさせていただけて有り難かったです。 素晴らしいライブ演奏は、ちょっと挫折感、と同時に勇気と目標も与えてくれる感じがします。

ありがとうございました!

Night and Day/ Nori Ochiai Trio

プロフィール

noriochiai

ギャラリー
  • ネット上で匿名で批判、アドバイスしてくる勢力の傾向
  • 9/14 鎌倉淳Quartet at 銀座No Bird
  • 日本のジャズシンガー的Tube
  • Paul Tortelier 公開レッスンを観て感じた
  • Paul Tortelier(ポール・トルトリエ)の言葉
  • Ron Carter-The Shadow of Your Smile
  • Ron Carter-The Shadow of Your Smile
  • Ron Carter-The Shadow of Your Smile
  • 9月 Schedule
記事検索