ジャズピアニスト Nori OchiaiのBlog

音楽、その他を通して日々感じる事や活動状況。

運命の一枚


中学生の頃、兄のカセットテープに入ってた尾崎豊のアルバムを聴いてた。
90分テープでちょうどアルバムが片面に入るサイズ。

いつも聴き終わると巻き戻して、片面の尾崎豊だけ聴いてたけど、ある日、
ちょっと戻すの面倒くさいと思い聴き終わった後、そのまま裏面をかけてみると、何かの間違えかのように、この曲が、、、、、、、、、、、、、、、、、、、!!!
ガァーーーーーン!



何がなんだか何も分からない、けど2つだけはっきりと感じた。それは、

これは自分のいる日本からはとても遠い場所でやっているに音楽に違いない、隣の国とかではなく、多分地球の反対側くらい遠いところなんだろうな、という事。

それから、何か自分達の言葉でしゃべってるような気がした。


いいか悪いか、好きか嫌いかすら何も分からないのに、あまりに聴いた事も見た事もないような、いったい同じ音楽なんだろうか、と思うくらい違う世界に対する好奇心だけだったのか、それから尾崎豊を聴き終わると毎回巻き戻す替わにりColtraneを聴くようになっていく。

そして少しずつ、これはもしかしたらかっこいい音楽かもしれない、もしかしたらこっちの方がかっこいかもしれない、と感じ始めるようになっていった。


何度も聴いてるうちにピアノのMcCoyが音を間違えるところも分かるようになり、何故かそこにライブ感、人間臭さも感じて惹かれるように、そこにくるのを待ち構えるようになっていった。

それまで馴染みがあったクラシックのハーモニーに比べるとコードがあまりに濁っているので、「これは適当に弾いているんだろう」と思い、拳でピアノを弾いて真似しようとしてみると全く違うサウンドだったので、「ああやっぱりデタラメではないのか」と分かった。

大まかに飲み物に例えると、クラシックが赤ん坊からお年寄りまでみんなで一緒に飲めるようなピュアなお水だとしたら、ジャズのサウンドはもっと限られた大人のためのお酒みたいなものだで、その頃の自分がいいか悪いかも分からず聴いてたのは、子供がいきなりお酒を口に含んでしまったようなもので、その”苦みだけ?”を感じていたのかもしれない。

でも今思うと、何も分からなかったけど、はっきりと感じた2つだけの事は、全く間違って無かったし上出来だったのかも。理屈でなく感じる、という事はやっぱり大事なんだと思う。

後でこれは、歴史上の最高のアルバムの一つ、という事を知る事になるけど、やっぱりあの時このサウンドを聴いてなかったら多分ニューヨークにも来てなかった。
このアルバムをかけるといつでも、最初の音が鳴った瞬間ドキっとして、背筋が伸ばされるような気持ちになってしまう。





















 

帰国

突然ですが、この度日本に完全帰国して、6月から日本で活動する事にしました。
別に何か悪いことしたとか、薬などを服用したという訳ではありませんが、

自分の人生の中でも最も重要で濃い経験ができたこの10年が何であったかを確認するために帰りたいと思います。


日本でお会いできるのを楽しみにしています!


 

新しい発見があると

昨日までの無知な自分にさようなら!

こんな喜んでいる自分が、明日の自分から見たらまた無知な自分になっていてくれてたらいいな。 

いいニュース、悪いニュース

たった5分くらいの何百回聴いた曲。

英語のよくある表現の ”いいニュース、悪いニュース” 
みたいに言うと、

いいニュースは、
今まで気がつかなかったそれぞれのパートの音にこんな感情、気持ちがつまってたのか、という新しい発見、楽しみがあって、どんどん幸せになれること。

悪いニュースは、

ずっとずっと勉強し続けていっても、短い曲の中にあふれるすべての感情、宝物を味わえるようにはなれないこと。だから深くて終わりがなく面白いのだけど。

 

好きなもの

ソロが始まるまでのテーマだけ聴いて巻き戻して繰り返し、ついもう一回もう一回聴いてしまっていつまでもなかなかソロが聴けない(笑)曲、腹が減ってしまってもつい聴き続けてしまうってなかなか食えない曲、っていうのは、本当に好きな曲なのかな。

アメリカでのJazzの扱い

NYのプールバー、大勢の人等がビリヤード、ピンポンしてる片隅で
ライブやってる店がある。

久しぶりに観に行ったけど、演奏してる目の前で大声で話したり、「やぁ、元気か、久しぶり」みたいな挨拶したり、ハグしてたりする人も多く、もの凄い騒音、バンドの音が消されてしまうくらいの雑音の中ワールドクラスのミュージシャンたちが演奏してる。これ以上無いくらいの酷い環境。

でも、勿論中にはもの凄く真剣に聴いてる人もいる。何でもありで、まさにアメリカ社会の縮図のようにも見える。 

当たり前だけど、そんな状況でもベストの演奏にただ集中するメンバー達には本当尊敬させられるし、こちらもできる限りの敬意と集中力で聴かせてもらわないといけない、という気持ちになる。

多くのアメリカのミュージシャンが特にアメリカでジャズがリスペクトされない事を嘆いたりするけど、
ある意味悪い事ばかりでなく、こうゆう部分のおかげで、ジャズミュージシャンは世界の頂点のような人達でもハングリーで謙虚でいやすく、音楽により純粋で貪欲になれる、というのもあるのかもしれない、と思う。

顔本のネガティブな部分は多くの人が感じてるみたいですけど、
いい部分はやっぱり出会いかな。

周りの誰にも、今よりもはるかにつまらなかった人間の自分にも、当時とてもフレンドリーに仲良く接してくれてたとても可愛かった同級生の子いたけど、何十年ぶりにネットの世界で再会して写真見せてもらったら、想像以上に素敵になってて嬉しかった。

当時もいつもポジティブなオーラしか感じたことなかったけど、相変わらずそういうのが沢山つまっていて、いい生き方も重ねてこないとそうはなれないんだろうなという、人としての才能みたいなものも感じさせれる表情だった。

人が知らないような苦労も無いわけないだろうけど、そういうのが表に出てこなくて、まるで人生なんか楽しかった事しか無かったような表情でいられるっていいな。同じ経験しても心の持ちようが違えば辛さがどんどん外に現れてきてしまう事もあるのかもしれないけど。


”人は見かけによらない” って言葉あるけど、やっぱり ”見かけによる” 事がかなり多いなと改めて思わされました。

向いてる方向が素敵だと、同性異性にかかわらず、素敵な人との出会いも多く幸せな時間も増えて、だからより素敵にもなれる、という好循環なのかな。

男も女もやっぱり、顔に人間、生き方が隠せずに出てしまうもんなんだな。
ばれてしまうから気をつけなきゃ。

自分も、じじいになってからの方がいい顔に見えるような生き方目指したいな、と思わされました。





 

Gilad Heksleman Trio



自分の好きな音楽の話はあまり軽くしたくないけど、 これはやられた、、、


まるで、
時間が止まって、温度感も無い世界。
人々の叫び声も聞こえない、音の無い世界。
苦悩の表情はどこにも無く、みんなが穏やかに微笑んでる。 

まるでそんなような完全な別世界に連れていかれる。
瞬時にスクリーンの前の空気が変わってしまう。

もの凄い緊張感で息も苦しい、、、
できるかぎり音に集中する事を強制される。  

とてつもなく精神年齢の高い音楽。

3人共、まるで最高の役者みたい。
真実だけを演じる役者。全ての瞬間の表情が音に裏づけされた本物の表情で美しくアートになってる。


多くのジャズジャイアンツ達がいた頃、1940〜60年代に生きてたら幸せだったのかもしれないけど、こういうGiladみたいな天才の演奏に触れると今の時代に生きていて良かったとさせ思わされる。


何回も聴いてると、つい無意識にリズムやハーモニーとかアナライズしそうになってしまうけど、やっぱりこういうのは、ずっとずっと、ド素人の耳で聴いて感じていたい音楽。




 

R.I.P. Kenneth Kamal Scott

これは世界的なファンクドラマーのBilly Cobhamのアルバムに参加した時のKamalの歌です。
  



NYに来て、ニュースクール大学で彼のボーカルのクラスの伴奏をサブ(日本ではトラ?できない人の代わりをする)をした時以来、ずっとお世話になっていたカマールが先日、向こうの世界へ旅立たれました。


その最初の出会の時、自分を彼のクラスに呼んでくれた?誘って紹介してくれたのが、南アフリカ人のベースのソイルスだった。思い出してみると、人生のターニングポイントに強烈な個性を持っている大事な存在の人達が絡んでいる事が結構多いです。

多くの人達に応援、サポートのお陰で何とか今まで生きてこれたけど、特に音楽的に力強くサポートしてくれて、支えになってくれていて、応援というよりむしろ自分の将来を確信してくれてるような顔、表情、言葉で、そう感じさせてくれたくれた数少ない人でした。矢沢さんもそんな感じだったけど、人種もジャンルも住んでいる世界も全然違うけど、凄く似た同じような顔で話してくれてました。
 
最初に出会いの後は、クラスの伴奏に雇っていただいたり、彼のアルバム、コンサート、マスタークラスにも参加させていただいたりと、貴重な音楽的経験、音楽的にも人間的にも大きな影響を与えてくれて一生の宝物、沢山くれました。 

彼は、Nat King Cole, Sarah Vaughan, Fats Wallerなど出入りしてセッションするようなジャズに囲まれた環境の家庭でジャズを歌いながら育ち、後にクラシックを勉強して、イタリアでも活動したり、ラスベガスでのショーや、ブロードウェイのTHE WIZの主役を務めたり、様々な活動をされた人でした。

大学でジャズとクラシック両方教えられてましたが、自分が思うには、やっぱり比重も強く、一番好きで大事だったのはクラシックなんじゃないかな、と思います。アフリカン・アメリカンとして、多くの壁を乗り越えながらクラシックを歌ってきた御自身と、遠く文化の接点もあまり無いような国から来てジャズをやってる自分をどこか重ね合わせてみてくれてたようにも思えます。

よくクラスで「ノリは自分が育った頃聴いた、往年のピアニスト達のテイストを持っている。全然違う環境、文化の国から来た若者が自分たちの文化を知ってるんだ」って、恥ずかしくなるくらい、聞いてるみんなも、もう嫌になっちゃうじゃないかってくらい、よく自慢してくれてました。

本当はこういう自分が褒められた、みたいな事書くの好きじゃないですが、すみません、ちょっと許してください。


一応今回お別れになってしまったけど、いただいた経験、思い出は一生色褪せる事が無いし、一緒に演奏した音源もあるし、彼の声もずっと聴けるので、むしろこれから一生の付き合いになるのか、という気持ちにもなってます。カマールの方も見ててくれるだろうし、自分も人生終わる時に振り返ったら、今から向こうの世界に行って彼に逢えるのもそう遠くない日の事なのではないか、と思います。

彼との出会いに心からありがとう。
それまでできる精一杯やって、できるだけ、もっともっとスイングしまくって天国のカマールを微笑ませ続けたい。







 

クロスリズム


日本ではポリリズムという事が多いと思いますが、
クロスリズムのマスター、Ari Hoenigが一人でブルースをやってます。

12小節のブルースで左手でメロディをプレイし続けて、右手、両足でクロスリズム をプレイしてますが、
右手のテンポは、1/2倍, 2/3倍, 3/4倍, 1倍, 3/2倍, 2倍とコーラス毎に速くなって行きます。
そのクロスリズム上のオリジナルと違って聴こえる速さ?(うまい言い方が分からない)を一泊とした4ビートを演奏して聴こえるように右手ライドシンバル、左足ハイハットをプレイしてる。つまり、1/2倍, 2/3倍, 3/4倍, 1倍, 3/2倍, 2倍のテンポの4ビートが同時に聴こえるようになってます。

最初は頭も使って考えないとなかなか理解しにくいし、ちょっと気持ち悪くもなってしまうけど、少し慣れて 頭で考えないでスゥーっとリズムが入ってくるようなのがいい聴き方なのかな、と思います。

それにしても狂ってるというか、世間一般からみたらほとんどどうでもいいような事だけど、凄いな。



 
プロフィール

noriochiai

ギャラリー
  • 6/26 Nori Ochiai Quartet with 渡辺明日香
  • 5月 Schedule
  • ハイブリッドスイング
  • ハイブリッドスイング
  • 漢の身体
  • 4月Schedule
  • 5/20 Nori Ochiai Trio
  • 4/16  リーダーライブのお知らせ
  • Birthday Live 番外編(場外乱闘?)これもJAZZ!
記事検索
  • ライブドアブログ