ジャズピアニスト Nori OchiaiのBlog

音楽、その他を通して日々感じる事や活動状況。

2015年09月

水着で演奏する美人ピアニスト

最近話題の水着で演奏する美人ピアニストについて、
ある大御所ピアニストと生徒の会話。

『鵜原先生、ビキニで弾く美人ピアニスト知ってますか?見た目だけじゃなく、実力も凄いですよ!」
『な、なに、ビキニで? ったくそういう訳わからない勘違いした奴が間違ったイメージを与えてジャズをダメにするんだ(怒)』

『ちょっと動画見てもらってもいいですか?』
『まぁ、見なくても、だいたいどんなのかもう分かっとるけどな。』

セクシーなビキニでの熱い演奏の視聴後、

『いや、悪くないぞ。テクニックはなかなかあるし、ハーモニーのセンスも悪くないじゃないか、、、』

あくまで、存在しそうな実話をイメージしたフィクションです。 

10月 スケジュール

いつも温かい応援ありがとうございます!
ジャズなんてちゃんと聴いたこともないし、興味持った事もないような方にも、何かちょっといい気分になった、なんて思ってもらえるような音楽をやりたいと思います。10月もよろしくお願いします!

10/1
渋谷 KO-KO   8:00pm
安井鉄太郎(Drums)Quintet
竹内直(Ts)山口友也(Tp)座小田諒一(Bass)
東京都渋谷区道玄坂2-26-5 ひまわりビル2F

03-3463-8226
http://members3.jcom.home.ne.jp/jazz.ko-ko/ 
¥2,500 
変態的に難解なリズムをシンプルな歌のように演奏するのが遠〜い遠〜い目標。


10/2  
高田馬場 Hot House  9:30pm 
鈴木ひさつぐ :tenor sax
東京都新宿区高田馬場3-23-5リベラル高田馬場B1  

早稲田通り沿い、シチズンセンター向かい。
03-3367-1233
食事込み¥3,500  
初共演の鈴木さんと。楽しみです。初共演のデュオはいつもチャレンジングですが、スリリングで面白い。



10/3
中野ピグノウズ  7:30pm
jam session
中野区新井1-14-16ライオンズマンション中野第5B-113号
080-2075-9849
http://nakanopignose.com/top 
¥1,500 +2オーダー
シンガー、ミュージシャン、飛び入り歓迎。
遠慮や気使いなどは禁止です。みんな思いっきりぶつかりあって切磋琢磨しましょう!





10/4
八丁堀 Play With  6:00pm 
プライベートイベント


10/7
高田馬場 Hot House  9:00pm 
天野 昇子 :vocal
東京都新宿区高田馬場3-23-5リベラル高田馬場B1  
早稲田通り沿い、シチズンセンター向かい。
03-3367-1233
食事込み¥4,000
大好きで素晴らしいNY在住のボーカリスト、昇子さんとのデュオ。


10/8
新宿 『音ステージ QUI 』 7:30pm
牧さちこ(vo) 吉田有希(vo) 池の本和美(vo) キアラ (vo) 塩崎浩二(gt) 酒井麻生代(fl) 

http://www.chansonqui.com
¥4,500 (1ドリンク&おつまみ付き)
初出演、楽しみです。


10/9  
秋葉原  TOKYO TUC  7:30pm
天野 昇子 :vocal
パット・グリン :bass
ジーン・ジャクソン:drums
昇子さんと、日本で最高峰のリズムセクションと。大丈夫だろうか?
頑張ろう!


10/10 
大宮 ACOUSTIC HOUSE JAM 7:50

jam session
渡辺好造 bass
埼玉県さいたま市大宮区宮町5丁目126番地
048-642-7009  
http://www2s.biglobe.ne.jp/~acoustic/
¥1,500
シンガー、ミュージシャンは参加していただけます。

10/11 
関内 absmile  昼3:00pm
小澤基良 (b) group
須田晶子 :vocal 小泉高之 :drums

10/12
俺のイタリアンTokyo
15:40-16:00 17:40-18:00 19:50-20:10 21:10-21:30 
YURIE: vocal
大塚 義将 :bass
http://www.oreno.co.jp/restaurant/俺のイタリアンtokyo/


10/16
上尾 プラスイレブン
長島百合子 :vocal


10/17
俺のフレンチYOKOHAMA 
1:40pm-2:00pm   Nori Ochiai solo

3:50pm, 5
:50pm, 7:50pm, 9:50pm
中江 裕気: tenor sax
http://www.oreno.co.jp/restaurant/俺のフレンチ-yokohama/


10/18
大宮 ACOUSTIC HOUSE JAM 
jam session
埼玉県さいたま市大宮区宮町5丁目126番地
048-642-7009  
http://www2s.biglobe.ne.jp/~acoustic/
¥1,500
シンガー、ミュージシャンは参加していただけます。


10/19
中野ピグノウズ  8pm
jam session
落合康介 :bass
中野区新井1-14-16ライオンズマンション中野第5B-113号
080-2075-9849
http://nakanopignose.com/top 
¥1,800 +2オーダー
シンガー、ミュージシャン飛び入り歓迎。
同姓のベースの落合さんと!同じ落合でも強烈な個性を持った素晴らしいプレーヤーです。
 

10/21
俺のフレンチYOKOHAMA 
3:50pm, 5:50pm, 7:50pm, 9:50pm
谷口 英治 :clarinet
http://www.oreno.co.jp/restaurant/俺のフレンチ-yokohama/



10/23

八丁堀 Play With  7:30pm
山門久美子 Vo  石田和也 ds 
special guest 大五郎 bass
東京都中央区八丁堀3-11-12 フロア−アンドウォールズ八丁堀B1 
03-6228-3838
http://www.playwith.jp/
¥3,000  


10/24
八丁堀 Play With  7:30pm
山村いつか :vocal
福岡太一 :bass
阿部梓穂 :percussion
東京都中央区八丁堀3-11-12 フロア−アンドウォールズ八丁堀B1 
03-6228-3838
http://www.playwith.jp/ 



10/25
俺のイタリアンJazz 3:50pm 5:50pm 7:50pm, 10pm
http://www.oreno.co.jp/restaurant/俺のイタリアンjazz/
俺のやきとり銀座9丁目 4
:20pm, 6:20pm ,8:20pm, 9:30pm
http://www.oreno.co.jp/restaurant/俺のやきとり-銀座9丁目/
愛田 美樹 :vocal
 



10/27
俺のフレンチYOKOHAMA
太田 剣 :alto sax  
仲石 裕介
:bass




10/28
三鷹 UNAMAS 8:00pm
多田和弘Trio
多田和弘(b)
今野大輔(ds)
東京都武蔵野市中町1-10-6 三鷹北口共同ビル2F
0422-36-6252
¥2,700


10/29
上野   Every Swing 7:30pm  jam session
瀬戸尚幸(b) 石田和也(ds)
東京都台東区東上野3丁目14−12 辻井ビルB1
03-5818-3513
http://www.every-swing.com
¥1,200
シンガー、ミュージシャンは参加していただけます。 


10/30
秋葉原  TOKYO TUC  7:30pm
ミチ・フジ :violin
ヒデ・タナカ :bass
ジーン・ジャクソン:drums
僕の師匠でもあるジュニア・マンスのトリオで活躍するミチさん、ヒデさん。と強力なヘビー級ドラマーのジーン。
郷野聡寛
的な、弱者の省エネ的な戦術を試みてみようか。


10/31
俺のイタリアンJazz
俺のやきとり銀座9丁目
向井 志門 :alto sax
山本 裕之 :bass
 





 

スタイル

もし自分が総合格闘家だったら、

相手が立ち技が得意な選手なら、立ち技で、
寝技が得意な相手なら、寝技で勝負できるような、相手の土俵で、どこでも勝負できるような選手が理想かな。

ジャズでは、自分にとって一番スタイルを意識させられるのはドラマーかな。トラディッショナルなスタイルの人だったら、それに合うような、
アドバンストなリズムなどが好きなコンテンポラリーなスタイルならやっぱり、それに合うように歩みつつ、かつその中でいつも自分、というものを出せたらいいな、と思う。

会話でも、子供たちからお年寄りまで、相手によって話し方も自然に変わりはするだろうけど、でもその中でいつも自分自身でもいたいと思う。

俺のスタイルはこうだから、こういう人としかやらない、できない、というのも勿論ありかもしれないけど、自分はやっぱり色んなタイプの人と会話できたら楽しいな、と思う。

口で言うようほど簡単に理想通りにはいかないものだろうけど、でもやっぱりそういうのを目指したいな。 

ジュニア・マンス

Junior
こないだ、ニュースクール時代からの友達のシンガーのゆうじさんと飯行って、色々話した。
ジュニアは僕らの先生で、ゆうじさんがジュニアのピアノで歌った話になった。

まぁ凄かったって事なんだけど、どう凄いって一言で言えば、やっぱりジュニア自身がもう曲になっちゃっていて、曲が始まる前からもうその曲の中にいて、もう上手いとかどう、っていう次元じゃなかったな、と改めて思い出した。


大御所さん(プレーヤー)

日本のジャズの世界では、大御所さん、大御所プレーヤー、という言葉が使われるみたいだけど、やっぱりいまいちピンとこないなぁ。大御所歌手、というと何故か自然に演歌の方を連想してしまうし、響きそのものがジャズに合わない気もしてしまう。アメリカの文化にそもそも日本語の単語が合わないと言われてしまえばそれまでかもしれないけど。

「〜さんは大御所さんなので、そのつもりでよろしくお願いしますね」のような言葉もどこか違和感感じてしまう。相手が大御所さんだと、演奏スタイルや内容もわきまえたり、、、するべきなのだろうか?

それこそ世界的に有名な人でも全く無名でも学生でもビギナーでも誰とでも、基本的には音楽の中では誰でも対等で、ただ本気でやる事が普通のアメリカではそういうフレーズを全く聞いた事がないから、あれ?って思わされるのだろうか。やっぱり年功序列的な日本文化的なのかな。『若き大御所』みたいに言われる人もいないだろうし。

スポーツの世界、サッカーや野球などでは大御所プレーヤー、って言わない気がする。「大御所力士さん」ってのも違うだろうし。いや、むしろ「大御所 力士」だと人の名前みたいだ。

輝しい実績はあるけど今は2軍の野球選手に、大御所プレーヤー、というのもちょっと変だろうし。ましてや格闘技で「今度の対戦相手は大御所さんなんで、よろしくお願いしますね。」なんて会話もありえないだろう。プロレスで「今度の対戦相手はなんていっても馬場さんなんですから〜」みたいなのはあるかもしれない。

かつて大御所だった方です、なんて言い方も無いだろうから、一度大御所になると、永久に大御所さんなのかも。
 
と、あまり考えていくと、「大御所さん」というのは、年功序列で、必ずしも実力主義の世界ではないところにふさわしい言葉なのか、とも思えてきたりもする、、、

まぁあまり深く考えないようにしよう。


 

love is the saddest thing when it goes away


久しぶりに見たけど、やっぱり凄いな。

音楽は美しいな、と思わずありきたりの言葉が浮かんでしまうけど、本気でそう思わされてしまう。音が鳴った瞬間から、パーっ、と一気に空気が変わり、崇高な空間になってしまって、現実の世界とは違うスピードの時間が流れてしまっている。


ハービーのMCがすでにイントロというか曲の一部みたい。
「僕らが今日ここに集まったのは、お金のためじゃないんだ。みんな一つの目的のために集まったんだ。それはアントニオ・カルロス・ジョビンの音楽への愛なんだ。僕もだよ。今日みんなにその愛を聴いてもらうよ。」

大人なテンポ、フレーズとフレーズの空間が大きくてドキドキさせられ、言葉がとても強く突き刺さってくる。合間のピアノのフレーズも言葉に対する返答というか、言葉そのものみたい。まるで部屋の中の小鳥が、聞いた言葉の意味を理解しながら静かに飛び回ってでもいるような感じする。

10年後には、もっともっと色々聴こえるようになっていれたらいいな。

プロフィール

最近、続けて問い合わせをいただいたので、日本語のプロフィールをアップしました。
 http://noriochiai.blog.jp/archives/41831389.html 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 12月 Schedule
  • 11月 Schedule
  • 11月 Schedule
  • 昨日、今日
  • 昨日、今日
  • 昨日、今日
  • Jun Saito Special Unit with Macy Chen(vocal)
  • 梅内智さん、リビュー2
  • サテンドール、リーダーライブ終えて
記事検索
  • ライブドアブログ