ジャズピアニスト Nori OchiaiのBlog

音楽、その他を通して日々感じる事や活動状況。

2017年02月

ジャンルなんてない?

よく『音楽にジャンルなんて無い!』みたいなフレーズを聞くけど、ホントにそうかな?
自分は音楽でも、料理でも、スポーツなど、ジャンルやスタイルの違いがあって、そこも楽しんでると思う。みんなが何でもこなす器用なミュージシャンばかりなっでも詰まらないだろうし、そんな必要もあまり無いのではないだろうか? 勿論混ざる、混ぜる面白さもあると思うけど、かなりのレベルで何か確立された上でじゃないと、やっぱりちょっと安く説得力にも欠けてしまうような気はする。

年配の黒人ミュージシャンとも『人間だってみんな仲良くなり過ぎたら、黒も白も無くなって、みんなブラウンになっちゃうな』と話した事あるけど、やっぱり違いあるから、それぞれの文化を楽しむ事ができるのではないかな、と思う。違い、とか個性とかは面白いと思う。

GOOD TIME AGAIN

Yosuke
Good Time Again ゲットしてゆっくり聴かせてもらえました。
自分にとっては音楽いつも難しく大変な事も多いけど、このアルバムはにはまるで音楽も人生も楽しい事ばかりだよ、というような温かいメッセージが詰まっているような、そんな気持ちにさせられました!

Rhythm Challengeを終えて

昨日もたくさんの方に、熱心に真剣に応援していただきありがとうございました!
ちょっと久しぶりだったという事もあり、思ったより難しかった部分、逆にそれほど難しく感じなかった部分など、また多くの事得られた経験になりました。

このバンドのきっかけを作ってくれた、とうか裏番長的というか、、、ドラマーの安井鉄太郎さんですが、彼とマンハッタンのニュースクールの練習室で2人でセッションした時、今やってるコンセプトの基礎的なアイデアを説明してくれた事とか思い出されて感慨深かったです。もう10年くらい前になってしまうのか、、、、

当時そこまで興味も無く、ほとんど意味も分からなかったけど、やっぱりなんとなく頭に残っていて、あの瞬間の影響力というのは、今の自分にとって大きいな、と改めて感じます。

昨日はジャズのライブ初めて、という方もいらっしゃって、内心「リズムチャレンジの内容で大丈夫だろうか?」とちょっと不安でしたが、 そんな内容に関係無く、楽しかったという反応いただけたのは何より嬉しく、励みになりました。

あまり多くの人がやらない事をやれば批判もあるし、 複雑な事を簡単な鼻歌のように聞かせるまでの道のりも果てし無く遠いのも分かっているけど、やっぱりいつかそんなところに行きたい、少しでも近づきたい、ジャズに特別馴染みの無い人にでも、そういうスタイルでも届きたい、
という目標に向かう力もまたいただけた気がしました。

ありがとうございました! 

2:16 velera


今日も

piano man
沢山の方に応援にいらしていただいきありがとうございました。
ミュージシャン仲間も駆けつけてくれて嬉しかったです。

陽介さん、ジーンさんからインスパイアされて沢山アイデア分けてもらえたし、経験豊富で素晴らしいプレーヤーのお二人との時間は本当に幸せでした。
やっぱり実戦から学べる事、実戦からしか学べない事は多く貴重な経験になりました。

またより大きい音楽を目指していきたいと思います!
ありがとうございました!


 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 5月 Schedule
  • 天野昇子Trio at Tokyo Tuc 3/8
  • GOOD TIME AGAIN
  • Rhythm Challengeを終えて
  • 今日も
  • 2月 schedule
  • 2/2 Nori Ochiai Trio at Sometime
  • Trio at Boozy Muse
  • 1/10 Nori Ochiai Trio
記事検索
  • ライブドアブログ