ジャズピアニスト Nori OchiaiのBlog

音楽、その他を通して日々感じる事や活動状況。

2017年05月

6月 Schedule

 Jirokichi 2
MOMA
ひぇーーー、、、
6月も凱旋2周年記念LIVEはじめ、いろいろあります。
どうぞよろしくお願いします!


6/1
吉祥寺 サムタイム 7:45pm〜,  9:30pm〜
天野 昇子(vo)ノリ・オチアイ(p)香川 裕史(b)小泉 高之(ds)
http://www.sometime.co.jp/sometime/index.html   


6/2
銀座 No Bird   1st 7:30pm  2nd 9:00pm 
天野 昇子(vo)ノリ・オチアイ(p)香川 裕史(b)小泉 高之(ds)
http://www.no-bird.com


6/4
俺のフレンチTable Taku
Nori Ochiai solo
http://www.oreno.co.jp/restaurant/

6/5
俺のイタリアンTOKYO
須田晶子 vocal  
http://www.oreno.co.jp/restaurant/ 


6/7
俺のイタリアンJazz
谷口英治 clarinet
http://www.oreno.co.jp/restaurant/ 

6/8
銀座No Bird 7:30pm
Kotomi 3on3 Live
佐藤ことみ(ds) 佐藤洋祐(sax) マイク・ザッチャーナック(tp) 池田雅明(tb) ノリ オチアイ(pf)鉄井孝司(b)
http://www.no-bird.com/index.html

6/9
俺のイタリアンJazz
菅原 花月 vocal
http://www.oreno.co.jp/restaurant/ 

6/10
高田馬場 Hot House  open 9:00pm, start 9:30pm
H. H.  スーパーDUO 中路英明(tb)
東京都新宿区高田馬場3-23-5リベラル高田馬場B1 
早稲田通り沿い、シチズンセンター向かい。 
http://d.hatena.ne.jp/hothousegogo/ 

6/12
俺のフレンチ博多
AX小野 bass 上村 計一郎 drums
http://www.oreno.co.jp/restaurant/ 


6/13〜6/17
FUKUMI  MOON IN PARIS CD発売記念 福岡、沖縄 Tour

6/13
博多中洲Jump House
FUKUMI vocal 内山覚 guitar
http://www.jump-house.net

6/14
Jazz Live in 寓話
FUKUMI vocal  高尾英樹 bass 滑川博生 drums
http://guuwa.ti-da.net

6/15
カフェ 葡萄屋
FUKUMI vocal
沖縄県那覇市 泉崎1-3-19  
  • 098-866-5157

6/16
live music bar SOUND M'S
FUKUMI vocal 高尾英樹 bass 
http://soundms.ti-da.net

6/17
福岡大名バックステージ
FUKUMI vocal アックス小野 bass  上村計一郎 drums
http://backstage.fukuoka.jp



6/18
俺のフレンチ博多
Lunch & Dinner
轟 かおり vocal  松下 一弘 bass  上村 計一郎 drums
http://www.oreno.co.jp/restaurant/ 

6/20
立川 ジェシージェームス
鎌倉 淳 Trio
鎌倉 淳 alto sax   Nori Ochiai piano  高木遊馬bass
http://jessejames-tachikawa.music.coocan.jp/index.html 


6/21
銀座 No Bird
銀座 No Bird   open18:00 1st 19:00 2nd 20:00 3rd 21:00 4th 22:00 
(入替なし) 
30min × 4ステージ
Nori Ochiai piano   阿部梓穂 Percussion  
http://www.no-bird.com

6/22
草加 Sugar Hill
草加 Sugar Hill 6:30pm 
中江裕気 Duo
中江裕気 tenor sax  Nori Ochiai piano  
http://www.sugarhill.jp

6/23
俺のやきとり銀座9丁目
ちゅうまけいこ vocal
http://www.oreno.co.jp/restaurant/

6/24
俺のフレンチTable Taku
Nori Ochiai solo
http://www.oreno.co.jp/restaurant/

6/25
習志野市民プラザ大久保 3:15pm開場 3:30pm開始
高橋亜弓美 vocal  安東 昇 bass  安井鉄太郎 drums
http://attaka-okubo.com

6/26
関内 Barbarbar
FUKUMI vocal  岡崎好朗 trumpet  Nori Ochiai piano  
横山 裕 bass  鈴木宏紀 drums
http://www.barbarbar.jp


6/27
高円寺 Jirokichi  open 6:30pm start 7:30pm
Nori Ochiai 凱旋2周年記念LIVE
Nori Ochiai Trio 
井上陽介 bass   Gene Jackson drums
http://jirokichi.net


6/28
銀座 No Bird
銀座 No Bird   open18:00 1st 19:00 2nd 20:00 3rd 21:00 4th 22:00 
(入替なし) 
30min × 4ステージ
Nori Ochiai piano   阿部梓穂 Percussion  
http://www.no-bird.com

6/30 
赤坂 Tonalite 7:30pm 
手塚隆 with 加納奈実カルテット
手塚 隆(vo)加納奈実(as)nori ochiai(pf)山口雄三(ba)竹内 武(dr) 
http://www.akasakatonalite.com 

日本のジャズシンガー8(日本の演歌歌手)

テレビは持ってないし殆ど観る事ないけど、最近たまたま観た時にちょうど演歌歌手が歌ってた。

ジャズシンガーの事書いたりして、改めて最近色々考える事も多かったけど、そのテレビの中で歌う演歌歌手が飛び込んで来た瞬間、理屈抜きに一つだけ感じたのは、

本物だ、
っという事でした。


先輩ミュージシャンで、「変なジャズボーカル聴くなら、演歌の方がよっぽどいいよ」と言ってた人もいましたけど、やっぱり言葉は完全に自分のものになっていて、最も気持ちを自然に自由に込められる、操れるものだろうし、その言葉に伴って、相応しい自然な表情、仕草、など、本物のジャズシンガーを見る時と同じような、本物感があると、当たり前の事かもしれないけど、思わされました。

それは、ただ声が出てる、歌が上手いとか、そういうものだけでなく、日本の文化、歴史、習慣、先祖から伝わってきた日本人の性格、心、などすべてが含まれて、それを歌を通じて感じさせられるのだと思う。

その声を聴いてると、まるで東北の厳しい自然、景色、日本海に厳しく突き刺さるような北風、など、やっぱり”日本”を連想、感じさせられる。自分もそういう世界全てを実際に見た事は無かったとしても”イメージ、文化を知ってる”から感じられるのかと思う。


だからこそ、どこか遠い国、例えば、ブルガリアで生まれ育ち、そこから出た事も無い人が、少なくてもこっけいに聴こえないくらい、日本語で自然に演歌を歌うという事は、日本で育った人がやるそれとは、難しさ、きびしさが全く違って当然だと思う。

一方ジャズは、当たり前だけど、アメリカ文化や、アメリカ人の性格、フィーリングなど、を強く感じさせるものだと思う、

日本のジャズシンガーが、盛り上がって感情込めていけばいくほど、むしろ演歌みたいな声、歌い方になり、仕草、表情もそのように見えてしまう事もあまり珍しくないかと思います。声を聴かなくても、姿を観るだけでも何か変だな、と感じさせられる事もあるのではないでしょうか。演歌とジャズの融合、などのコンセプトがあったとしたら、好き嫌いは抜きにして、それもありなのかもしれないけど、ただ普通にジャズをやろうとしているのだけなのにそうなっているだけだったら、そして「私はジャズシンガーです」のようにプライドだけ高く偉そうだったりしたら、なおさら裸の王様のようでちょっと残念かもしれないですね。

じゃぁとにかく表面を真似したらいいのか?と言ったら、それはそれで中身、基礎が無ければ逆に気持ち悪いもの、まるで全然英語話せないのに、やたらアメリカナイズされたような身振りするような、そういうものと同じような不自然なものにも見えてしまったりもして、そんなに簡単ではないかもしれない。

”日本のジャズシンガー”のブログに対して、出身地や国籍など全く関係無いと思います、というコメントくださった方もいましたが、自分は大いに関係あると思います。

ニューヨークで何十年かけて真剣にジャズを歌う事を追求してるような日本人なら、いかに日本で生まれ育った人間にとってジャズを歌う事が難しいか、という事を知らない人はいないのではないのでしょうか

勿論日本でもどこでも、真剣に追求している人なら誰でも感じる事ではないかとも思います。


以前のブログで、http://noriochiai.blog.jp/archives/66992816.html
本物のジャズを歌えるようになる、というのは、言葉はほぼネイティブ、アメリカ文化もそうとう自然に身体に染み込むところまでになる、とほぼイコールではないか、と書いた事ありましたが、やっぱり演歌歌手を観ても、そう感じました。

もし真剣にジャズを歌う事を目指すならそのくらいの難しさ、きびしさを知ってないといけないのかもしれない、と改めて思わされました。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 7/24 六本木サテンドール
  • 7月 schedule
  • 7月 schedule
  • 7月 schedule
  • Nori Plays ありがとうございました!
  • Nori Plays ありがとうございました!
  • Nori Plays ありがとうございました!
  • 6月 Schedule
  • 6月 Schedule
記事検索
  • ライブドアブログ