何か、前に書いたような気もするタイトルだけど、、、
無事日本に戻って来ました。気候は思ったより快適な気がします。


NYから帰ってくる少し前に、今後の人生にもかなりの影響があるような素晴らしい出会いがありました。帰るギリギリでというのが少し皮肉なようで、もっと早くだったらよかったようにも思えるけど、やっぱそうじゃないんだろうな、と思う。

今まで何度か会って言葉を交わしたりという接点はあったけど、思い出してみると、その何回かの会話の中に必ず何か心に残る引っかかる言葉、たわいもない言葉だけどそういうのがあったから、最後の出会いに繋がった、と振り返ると思える。シナリオみたいに辻褄合うようで、うまくできてるもんだなぁ。

 
もっと前に出会ってたら、その時の自分はreadyじゃなく、通り過ぎられてしまっていたかもしれないし、また、もしまたいつかニューヨークに行った時に会ったとしても、それはまたタイミングが通り過ぎてしまっていたりもするかもしれない。


やっぱりいい出会い、というのは、”その時” じゃないと成り立たないものかも、と改めて思わされました。ジャズじゃないけど、今、この瞬間、を感じる、見る事は大事なのかな。 



それにしても最後の最後までNYには、ドラマが転がっている感じで本当に感情が常に忙しく退屈しない10年でした。