日本に帰る時、JFK空港のトイレで、

まぁ慣れた景色だけど、アメリカでは防犯のためなのか大便用の個室のドアの下は膝くらいまで空いている。ドアののちょうつがいの部分などもかなり隙間が大きくとられていて、用足しをされてるおじさんの力まれる表情、あそこなど丸見えで、それがごく当たり前の感じ、というのを改めて認識させられました。そういう日本の常識、習慣から見ると、ホント面白いとこ、変なところお満載の国だなぁ、と思わされましたよ。

向こうからみたら同じように日本にもいっぱいそういうのあるのだろうけど、、、