http://k-yahata.hatenablog.com/entry/2017/10/01/はじめてのジャズ_20_ジャズの精神_⑤ジャズにお
 
日野皓正暴力事件の時も、アメリカのジャズミュージシャンなら殆どの人間が思う事を当たり前に発言してるな、と思ったけど、

本当にジャズ的に寛容で温かい人なんだろうな、と思います。

特に初心者の人こそ、こんな先生と勉強できたら幸運だと思います。
そして、先生から巣立った後、ジャズに日本文化習慣を無意識に押し付け当てはめて、意見、とんちんかんなアドバイスしてくるような、アメリカンジャズ的にはあさってな先輩、大御所プレーヤーに迷されてしまったような時にも、的確で温かいアドバイスしてくれるのではないかと思わせてくれるような素晴らしい先生だと思います。

ここまで当たり前にアメリカンジャズ文化、日本式ジャズのこっけいさを理解し説明できる人が日本にどれだけいるだろう、、、

初歩的にも最終的にも技術、知識以上に、フィーリング、マインド、ニュアンス、センスなど大事だと思います。

そろそろ日本でも、アメリカンジャズと日本的ジャズの違いを区別、認識し始めてもいいのではないだろうか。その結果自分の意思でアメリカンジャズより日本式ジャズの方が好きとか、かっこいいと選ぶのはありだと思うけど、日本式ジャズを本来の自然なジャズだと疑いもせず自信もっちゃうのはあまり素敵ではないのでは、と自分は思います。