012B1D55-356A-471F-867D-6D06EDBFE3C8

『青木真也 空気を読んではいけない』を読んだ。

際どい言動が目立つため、アンチファンも多いし、自分も嫌いな部分あります。

でも、日本ではトップクラスの寝技師である事には誰も異論が無いくらいだし、彼を寝技で自在にコントロールできるのは、奥様くらいではないでしょうか???


嫌いな人でも凄いところは凄いとリスペクトできて、そこから学ぶ事ができる人間でいたい、とは思います。

日本の文化、習慣がアメリカ文化であるジャズを習得するのに邪魔する事がある、とブログで書いてきましたが、海外文化に限らず、実力で勝負する世界なら、日本の年功序列、実力とは違った格付けの習慣などが、若い才能を潰したり邪魔するべきではないと思います。サラリーマン社会さえ、会社の発展のためには有能な若者が、目上の人に変な気遣い無しに発言できる事は大事なのではないか、と思います。

青木真也を間違いなく尊敬できる点は、
格闘技を愛してる、
格闘技に全てを注ぎ込んでいる、
強くなるために邪魔であるなら、日本の習慣、マナーさえ無視している事などだと思います。


強くなるためには、付き合いが悪く嫌われても、変わり者扱いされても構わないし、それくらい犠牲にしなければ大した仕事できない、という考え方。

実力で勝負しようとしてる人にはお勧めしたい本です。