前回の長文のコメント、自分にも耳が痛いところもありますがありがとうございました。こういった現象が起こってしまう決定的な理由の一つが、残念ですが、物(ジャズ)の価値を感じれない人が多い、という事だと思います。

きつい言い方ですみませんが、最低限の努力や準備をせずに腐ったものを出して立派なお金を取る飲食店は存在しないし、そこで「すばらしかった」と言ってお金を払うお客さんもいないでしょう。


理由は簡単で、腐っている事
を感じない人はいないからでしょう。食べ物のセンスがそこまでデタラメな人はいないけど、ジャズだと、、、
だから成り立ってしまうのだと思います。

「心込めて歌います。」という言葉を頻繁に使う素人っぽい方が多い気がします。その言葉自体素晴らしい事ですし、何も悪くないけれど、インスタント食品の様なものを出しているのに「心込めて作りました」だとしたら、ちょっとおかしいかもしれない、と思わされます。


本来お金をいただいて提供するものに心を込めるのは当然過ぎる事だし、その当然な事をあまり頻繁に口にしたり強調してしまう事にはちょっと違和感を覚えます。心を込める“ というのは口先で言えてしまうような、そんなに簡単な事ではないでしょう。それができるまで、口にできるまでに相当な道程があるのではないか、と思います。勿論自分も含め、素人シンガーの方も真面目に考えるべき事かなと思います。


演る側も見る側も雇う側も、音楽的、ジャズ的価値観を養っていく事が大切だろうし、いい芸術と商業的成功は必ずしも一致しない、でも良くしていくためにはその部分とどう付き合っていくのか、という事も無視すべきでないのかなと思います。





「日本のジャズシンガー」というタイトルにちょっと無理があるのは最初から自覚しながらもあえて使ってましたが、本当のところは「日本のジャズ」、だったり、「日本」とさえなってしまうのかもしれません。


日本のジャズがおかしいのは素人的なシンガーだけの問題ではなく、他にも色々な要素があると思いますが、その辺についても、もう少しこれから書いていって、近いうちに終わらせたい、、、と思います。