イントロの一瞬だけでもドキッとさせられるような曲もある。
頭で聞いてしまえば、どこにでも存在するような特別珍しくもなんでもないコード進行なのに、心にはどこにも無い、まるで今まで聴いた事ないようなハーモニーのように響く事に改めて驚く。

何故だろう?
やっぱりコピー、真似ではなくオリジナルだからなのかな。

どこにでもあるような、誰もが見慣れたような当たり前の物、素材だけを使っても、まるでどこにも存在しないように聴かせられる、魅せる事ができるのが本物のアーティスト、表現者なのかな。