技術が身に付けばつくほど、自分自身が映し出されてしまう。
その時に、自分が最低限のものを備えた恥ずかしくない人間でないとまずいかもしれない。