ここのところ、ギグやセッションで自分以外のメンバーは黒人だけのバンドだったり、お客さんも大半がそうだったりする事が続いたけど、自分のプレーもどちらかというと細かい事より、ガーッとエキサイトするような傾向のプレーに自然と持っていかれる事が多い。そういう気分にさせられてしまう。
周りのメンバー、お客さん、場の空気によって起こる化学反応が如実に表れやすいのがジャズなんだと思う。