ジャズピアニスト Nori OchiaiのBlog

音楽、その他を通して日々感じる事や活動状況。

NY

親の親

改めて、最近あまり聴いてなかったあたりのチックを聴いてると、思った以上に覚えのあるアイデアもあるな。多分、チックの後の世代のミュージシャンから自分が影響受けたつもりだった大元の部分なのかもしれない。

大変僭越だとは思うけど、音楽の影響として親の親で、おじいさんの言葉のような気にさせられる瞬間もあるな。音楽って、特にジャズはそういう風に伝えられていく、伝えていく文化なのかもしれない。テキストの無い言語みたいな感じなのかな。

NYらしい出来事

何年か前の事。

住宅街の一方通行で(NYは一方通行だらけ)、前に2台車が止まっていたので、その後ろに付けて待っていると、前の車がバックしてきて、全くブレーキ踏む気配もなく、こっちがクラクション鳴らすと同時にぶつかってきました。

ラテン系のおっさん2人が降りてきて、
「前の車がバックしろと言ったからだ!」
僕「え、だからと言って人の車にぶつかってもいい訳ではないだろう?」
「Nobody's fault!!!」(誰も悪くない)

止まっている車にぶつかってきて、このセリフと堂々とした態度、
一瞬耳を疑ったけど、怒り以上に、ある意味感心してしまいましたよ。

あまりにふてぶてしいので、警察を呼ぶよ、と言ったら相手も「呼べ!」と、つっぱってましたが、
実はこっちも仕事の時間がせまってたので、「一言Sorryとさえ言ってくれれば、気持ち良く済ませたのに」と言ったら、急にいい人の顔になって、「Sorry」と言って去って行きました。

日本では、なかなかお目にかかれない、こういう事がいっぱいあるから、みんなちょっと位の事では、動揺しなくなっていくのだと思います。



 
プロフィール

noriochiai

ギャラリー
  • Once I Loved
  • 6/18 五反田 Cantilever Cafe Yanagiya
  • 6/18 五反田 Cantilever Cafe Yanagiya
  • 凱旋7周年?ありがとうございました
  • 凱旋7周年?ありがとうございました
  • 凱旋7周年?ありがとうございました
  • 凱旋7周年?ありがとうございました
  • 凱旋7周年?ありがとうございました
  • 凱旋7周年?ありがとうございました
記事検索