ジャズピアニスト Nori OchiaiのBlog

音楽、その他を通して日々感じる事や活動状況。

一般

恐かった腰痛のお話

数日前、日中ちょっと嫌な違和感を腰に感じ、それがだんだん痛みに、強さも加速していく。仕事後、都内で用事を済ませ車へ戻ろうと、


片側2車線、両側4車線の道路の横断歩道、倒れないで渡り切る自信無く怖くなかなか渡れない。どうしようもなく意を決し何とかギリギリ渡った。車乗り込もうにも激痛が襲い、手で壁をよじ登る様に車の屋根、壁にへばり付く、はり付く、


ドア開け乗り込みエンジンかけるまで10分はかかった。自宅そばの駐車場に着き、降りて荷物全部持ってドアロックまで10分では無理だった。20分位はかかったのではないか。乗り込むシートはあんなに遠い、高かったのか、、、


歩ってた最中何度も倒れそうに。ギリギリ片膝付いて踏みとどまる。腰下ろすのも痛すぎ怖くなかなかできない。夜の繁華街、10メートル先にはヤクザっぽい人が苦しみながら嘔吐している。その状態で戦ったらどっちが勝つのだろうか。


いや、お互い種類は違っても激しい苦しみと戦っているという意味では仲間、戦友の様に感じさせられた。あのレベルの激痛は途方も無い孤独感にも支配されたけど、そばで頑張っている人間の姿にほんの少しだけ、自分1人ではない、と思わされた。


何とか帰宅するも、家の中で夜中に思わず悲鳴をあげてしまう。そのゾーンに姿勢が近付くと10倍、100倍と痛みのメーターの針が急激に加速し駆け上り戻れなくなる、もうブレーキが効かない感じでホント恐ろしかった。車のタコメーターが一瞬で一気に東京タワーくらいの高さまで跳ね上がってしまう感じ。痛みが想像超えてた。腰の筋肉を思いっきり雑巾みたいに絞られてちぎられるようだった。

今までに人生で悲鳴などあげた事なんかあっただろうか?

子供の頃手術の傷口が化膿し、麻酔無しで傷口をこじ開けられた時と同じか、それ以上の痛み。あの時は悲鳴では無く、泣き叫んだけれど。


何とか痛みを感じ無い角度姿勢を見つけ23時間寝るも、トイレへも移動できずに仕方なく人生初の救急車のお世話に。


今までヘルニアもやったし、慢性的な腰痛持っていてぎっくり腰なんか何十回も経験しているけど、いつも自分でマッサージやストレッチして何とかして来たし、完全に動けなくなるなんて考えもしなかった。


何十年の腰痛経験があり、いつも大丈夫、慣れてるから、と思ってたけど、本物の腰痛初めて経験。


思わず「すみません、腰痛舐めてました」という、もう10年以上昔、PRIDEで活躍した滝本誠選手の、「すみません、総合格闘技舐めてました」というセリフの総合格闘技腰痛に置き換えた言葉が頭によぎってしまった。


過信というのものは無いと思っても、どこに潜んでいるか分からないな、、、

WBSS決勝 井上尚弥 vsノニト・ドネア

試合の感想と、試合後のエピソードを聞いて。
今振り返っても凄い事が起きたんだ、と改めて感じます。
記憶に残る宝物を、心からありがとう!

初Kー1観戦


考えてみたら、初めてのK-1生観戦でした。
印象に残った試合について話しました。ご覧ください!

井上尚弥 vsノニト・ドネア WBSS決勝 試合後エピソードを知って感じたこと


偉大なミュージシャン達は偉大な人間だという事をニューヨークで強く教えられましたが、

偉大なボクサー達の、人としての大きさにも改めて深く感動させられました。


WBSS決勝 井上尚弥 vsノニト・ドネア


熱くなった、ドキドキした、涙が出そうになった。
凄い試合、時間でした!

うんざりさせられるメディアの露骨な偏向報道





もう、今に始まった事ではない、インターネットが普及する前から、何十年もやり続けられている事だとは思いますが、テレビ、新聞ではこんな事が珍しくないです。


自分にとってはちょっと許されない、廃業しなければいけないレベルのお仕事内容ではないかと思えてしまいますが、いくら正しい情報があっても、嘘やこんなレベルの物があるという事で、全ての価値が無くなっても、信用を失っても仕方ない位だと思います。

こんな事が許されない日が早く来るといいな、と思います。

10/27埼玉県民の皆さんは是非投票に!


今回の埼玉補選での立花孝志さんの演説を観て感じた事について話しました。 共産党や山本太郎さんの支持者で意見を押し付けてくる人達。 立花さんの対立する立場の人間への優しさ。 自分のブログに対する批判や、自分の持つ感情ともダブって見えました。 埼玉県民の皆さんは10/27、埼玉参院選補欠選挙の投票に行きましょう!

NHKの恐い部分についてのお話


こんな推理小説みたいな事が、、、と思わされますが、本当のようです。
嘘であって欲しいですが。多くの人に知って頂くべき事だと感じます。 

ABSMILEでの安井鉄太郎トリオ、ライブ中止のお知らせ

10/12に予定されていた関内ABSMILEでの安井鉄太郎トリオのライブは台風の影響によ中止になりました。


あの“大丈夫です!”でおなじみの安井さんでさえ今回は「大丈夫じゃない」との事で、諦めざるを得ないです。
ご予定いただいていたみなさま、すみません。
個人的には変拍死をまぬがれホッとしているところです。

またの機会にどうぞよろしくお願いします!

立花孝志ひとり放送局



うむ、14分くらいからか、、、
これは見た事無かった。
家族も居て、黙って大人しくしてたら一生安泰だったはずなのに、曲がった事が嫌い、見過ごせないんだな。

レベルは違うけど、自分も、殆ど誰も言わないような内容のジャズシンガーブログとか、日本のジャズのおかしなところとか発信してきていて、どこか自分とだぶらせて見てしまう。

夜遅くに、病でろくに動く事もできない高齢者の家へ行き、長時間ねばり、吐きそうにさせながら、無理矢理契約させたり、若い女性1人暮らしのところに行って、「今すぐ契約しなきゃレイプするぞ」などの暴言吐いて契約させる。
そんなチンピラみたいな集金人がまだまだいる。
自分の身近にもいて、怒りはずっと消えない。
NHK自体は手を汚さないで、下請会社のチンピラにさせる。
集金人もまたある意味被害者なのかもしれない。 

今だにそんなやり方もしながら成り立たせているって、どう考えても何かがおかしい。そんな事を見て見ぬふりをする世の中はおかしい。 

N国党を批判する、
何もしないできないで、口だけ動かし批判するのは簡単。
批判するにしても、そんなチンピラ使ったNHKのやっている事には何も触れず、N国党の品の無さだけを言える事が不思議すぎる。

AさんがBさんを殴る、BさんがAさんを殴り返す。
するとテレビはBさんが殴った事だけを報道する。
それを観て、Bさんはけしからん、という人がいる。簡単にメディアに振り回される人がまだまだ多く残念。

表面的な批判しかできない人には、巨大組織を相手に死の恐怖と向き合いながら戦ってきた人間の気持ちなど到底想像できないだろう。

近いうちNoriTubeでアップしたいと思ってたけど、、、

 

プロフィール

noriochiai

ギャラリー
  • 手負いのライオン
  • 日本ジャズシンガー番外編
  • 2月 Schedule
  • Jun Saito Group with Arun Luthra’s Kannakol Jazz Project
  • Jun Saito Group with Arun Luthra’s Kannakol Jazz Project
  • 12/23 六本木サテンドール
  • 12/23 六本木サテンドール
  • リズムに関するお話し
  • リズムに関するお話し
記事検索